taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

仁義なき戦い!!ディズニー対スティーブ・ジョブス

Inside Steve's Brain: Business Lessons from Steve Jobs, the Man Who Saved Apple (English Edition)

 1995年に『トイ・ストリー』で、世界初のフル3DCGによる長編アニメーションを制作した(現)ピクサー・アニメーション・スタジオが「ディズニー」とは関係のない映像制作会社(コンピュータ製造会社)だったということは、有名かと思います。しかし、その「ピクサー」のCEOが、あの「スティーブ・ジョブス」だったということは、あまり知られていない事実ではないでしょうか?(そんなことないか?)

アップルのデザイン

 スティーブ・ジョブスは、1985年5月24日の取締役会で、自身が創業したアップルコンピュータから追放されるという憂き目にあっていましたが、落ち込んでもいられない。ということで、復活の道を模索し、1986年、あるCG製作専用コンピュータの製造会社に目をつけ買収、その会社を「PIXAR(ピクサー)」と名付け、自らがCEOに就任しました。コンピュータの販売実績が伸び悩んだため、ピクサーの社員だったジョン・ラセター(『トイストーリ』の監督。)を中心に「外部企業へのCGアニメーションのコマーシャル制作」を展開、1988年の『ティン・トイ』で、3DCG作品として初のアカデミー短編アニメ賞を受賞しました。

トイ・ストーリー (字幕版)

君はともだち

君はともだち

  • ランディ・ニューマン
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ジョブスCEO率いるピクサーは、ディズニーとCG長編アニメーション映画制作の契約を取り交わします。そして、共同制作で完成した記念すべき第1作が、あの『トイストリー』でした。
※一説には、ピクサーと提携したのは、当時ディズニー映画部門の責任者だった、あのジェフリー・カッツェンバーグだと云われており、もしそうなら、カッツェンバーグは、自分が取り込んだピクサーと対決していたということになります。因果ですね。

 

 ここからがスティーブ・ジョブスの本領発揮となるわけですが、ピクサーの快進撃は、止まらず、『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』の関連収入がディズニーの総売上のほぼ半分を占めるという異常事態が発生。

バグズ・ライフ [DVD] モンスターズ・インク [DVD] ファインディング・ニモ [DVD]

モンスターズ・インク MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モンスターズ・インク MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 2004年、ジョブスは、ディズニーとの新たな提携条件を交渉をスタートさせます。ピクサー有利な状況にも関わらず、ディズニー側は、譲らず、ジョブスの要求を断固拒否します。このときのディズニーCEOが、あのマイケル・アイズナーです。ジェフリー・カッツェンバーグと喧嘩別れし、「ディズニー対ドリームワークスの仁義なき戦い」を繰り広げた、あのマイケル・アイズナーです。

www.taketakechop.net

※また、この時期、ピクサー離脱という最悪の事態に備え、ディズニーは、ずっと取り組んでこなかった自社CGアニメに挑戦します。それが、あの『チキンリトル』です。

チキン・リトル [DVD]

 結局、ディズニーの株主たちは、ジョブスを支持し、マイケル・アイズナーは、任期前倒しで退任(マイケル・アイズナーに引導を渡したのが、ジェフリー・カッツェンバーグがディズニーに引きいれたスティーブ・ジョブスというのも、重ね重ね因果ですねー。)2006年、ディズニーは、ピクサーを74億ドルで買収し、ディズニーの完全子会社とします。それと引き換えにスティーブ・ジョブスは、ディズニーの個人筆頭株主となり、役員にも就任。(遡ること2000年には、すでにアップルCEOにも復帰しており、同じ年に「ipod」を発表。)スティーブ・ジョブスは、アップル追放というどん底から、再び頂点に上り詰め、余りある完全復活を遂げたのでした。めでたし、めでたし、とっぴんからりせんしょのみ。

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 その後、スティーブ・ジョブスは、2007年にiPhoneを発表するなど、時代のカリマスとして世界をリードし続けるも、2003年に見つかった膵臓腫瘍の転移により、2011年10月5日、自宅で亡くなりました。56歳でした。

バトル・オブ・シリコンバレー [DVD]

今回の話とは別ですが、スティーブ・ジョブスとビル・ゲイツのライバル・ストーリを描いた『バトル・オブ・シリコンバレー』も、結構面白いです。