taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

BATMAN/歴代バットマン

1989年 MICHALE KEATON

バットマン (字幕版)

 高校生のとき、初めて『バットマン』を観たとき、あまりピンと来ませんでした。基本的に『バットマン』に馴染みがなかったからか、ジャック・ニコルソンのジョーカーの良さもよく分からなかった。(これは、今でも分からないけど…)。そのあと、『バットマン』を何度か観て、ジワジワ来ました。ただ、当初から街は、いいなーと思っていました。「灰色のゴッサムシティ」、なんかおもちゃの街というか、アトラクションの街というか。というわけで、『バットマン フォーエバー』(第三弾)のカラフルな街は、もうひとつ、ふたつ…。それはさておき、ティム・バートンのゴッサムシティを気にいった人は、ティム・バートンの初期の世界観は、どれも最高だと思います。

ピーウィーの大冒険 特別版 [DVD] ビートルジュース [DVD] シザーハンズ (字幕版)

このあたりの背景、小道具、世界観は、ウキウキしますね。

 

 劇中歌では、ありませんが、『バットマン』の音楽といえば、プリンスの「バットダンス」です。 プリンスの方がジョーカーのいっちゃてる感を体言しているような。好き好きですね。

Batdance

Batdance

  • プリンス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  テーマ音楽は、ダニー・エルフマンが担当しています。ティム・バートンのほとんどの映画を担当しています。結構、「スピルバーグ=ジョン・ウイリアムス」「宮崎駿=久石譲」「ロバート・ゼメキス=アラン・シルベストリ」のように音楽家を決めている監督は、多いですね。説明の手間が要らないから、スムーズなのでしょうか。 

The Batman Theme

The Batman Theme

  • ダニー・エルフマン
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ここからは、「歴代バットマン」です。

 

ルイス・ウィルソン
『バットマン』(1943年)

②ロバート・ロワリー
『バットマン・アンド・ロビン』(1949年)

 

③からは、全部「DVD」持っていますが、戦前・戦後「バットマン」上記2作は、持っていません。使える画像もなかったので、掲載できず、残念です。

 

③アダム・ウェスト
『バットマン』(1966‐1968年)

バットマン オリジナル・ムービ? (字幕版)

TVシリーズのバットマンです。タイツが本気のタイツですね。

 

④マイケル・キートン
『バットマン』(1989年)
『バットマン・リターンズ』(1992年)

バットマン リターンズ (字幕版)

「バットマン」といえば、僕の場合は、やはり「マイケル・キートン」です。タイツからスーツに変わりました。

 

⑤ヴァル・キルマー
『バットマン フォーエバー』(1995年)

バットマン フォーエヴァー (字幕版)

これが「カラフル・ゴッサムシティ」のバットマンです。監督のジョエル・シュマッカーの趣向により、スーツにチクビの突起が付いたり、股間がややモコリしていたり、セクシーバットマンになっています。

 

⑥ジョージ・クルーニー
『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』(1998年)

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲! (字幕版)

一番好きな敵、「Mr.フリーズ」が出ていますが、主演の「ジョージ・クルーニー」をはじめとして、結構、後悔な発言が多い作品になっています。残念ですね。

 

⑦クリスチャン・ベール
『ダークナイト』3部作(2008-2012年)

バットマン ビギンズ (字幕版)

一般的には、今、一番バットマンのイメージが強い俳優は、「クリスチャン・ベール」ではないでしょうか。本人も自負があるようで、現在のバットマン、「ベン・アフレック」をあまりよく思っていないような発言があったりします。また、最初に「バットマン」のオファーを受けたジョシュ・ハートネットは、断ったことを後悔しているといった記事を読んだことがあります。いろいろありますね。

 

⑧ベン・アフレック
『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(字幕版)

現在のバットマンです。2018年現在、降板が囁かれていますが、どうなるでしょうか。あまり好きなバットマンでは、ありませんでしたが、2017年の『ジャスティス・リーグ 』の印象は、良かったです。