taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

アクセス人気のあった記事
1位漫画だったら、絶対にボツになる松坂大輔の2009年迄の野球人生
第2位音楽の先生に教えてもらったカッコイイ70's Rock
第3位今更ながら、米津玄師!!
第4位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

仁義なき戦い!ディズニー対ドリームワークス

 

The Art of DreamWorks Animation: Celebrating 20 Years of Art

 今から24年遡ることの1994年、低迷期にあったディズニーで、『リトル・マーメイド』(1989年)、『美女と野獣』(1991年)、『アラジン』(1992年)、『ライオン・キング』(1994年)など数々のヒット作を生み出し、当時、ディズニー製作部門のトップにあったジェフリー・カッツェンバーグは、急遽、空席となった社長のポストに自らを推薦するも、会長のマイケル・アイズナーに拒否されたことで、ディズニーを退社。怒り心頭のカッツェンバーグは、映画監督のスティーヴン・スピルバーグ、レコード会社経営者のデヴィッド・ゲフィンを誘い、ドリームワークスSKGを設立した。こうして、ディズニーとの仁義なき戦いが幕を開けたのでした!!

※マイケル・アイズナーは、『ビバリーヒルズコップ』でスタローン案に反対した、あの人です。当時は、パラマウント映画会長でしたが、その後、ディズニーに引き抜かれており、ジェフリー・カッツェンバーグは、パラマウント時代からの部下です。

 

1998年

『アルマゲドン』対『ディープ・インパクト』

アルマゲドン (字幕版) ディープ・インパクト (字幕版)

 ドリームワークスは、ディズニーが隕石地球衝突映画を製作するとの情報をキャッチ。急ピッチで隕石地球衝突映画を製作して、一足お先に公開した。しかし、スター俳優の確保失敗や、プロモーション不足が祟ったかどうか知りませんが、ざっくり収益(世界興行収入ー製作費)は、『アルマゲドン』=$413,000,000に対して、『ディープ・インパクト』$269,000,000で、ディズニーに軍配が上がり、カッツェンバーグは、すぐさま第2ラウンドの作戦を練るのであった。

I Don't Want to Miss a Thing

I Don't Want to Miss a Thing

  • エアロスミス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  ディズニー勝利の歌として聴くと、壮大さがいっそう増します。

 

1998年

『バグズライフ』対『アンツ』

バグズ・ライフ (吹替版) アンツ (吹替版)

 『アルマゲン』情報とほぼ同時期にドリームワークスは、どうやらディズニーが昆虫CGアニメを発注したという情報をキャッチ。ドリームワークスも、急遽、昆虫CGアニメを制作を開始。しかし、これまた、時間が無さ過ぎたのか、カラフルな多様な昆虫は、無理ということで、茶色一色の味気ないアリCGアニメを制作してしまった。ざっくり収益は、バグズライフ=$243,000,000に対して、『アンツ』=$71,000,000で、トリプルスコアの惨敗をきっし、またまたディズニーに軍配が上がった。カッツェンバーグは、「この恨み晴らさでおくべきものか」と言ったとか、言わなかったとか。

 

2003年

『ファインディング・ニモ』対『シュレック』

ファインディング・ニモ [DVD] シュレック [DVD]

 ドリームワークスは、1999年の『アメリカン・ビューティー』から、2000年『グラディエーター』、2001年『ビューティフル・マインド』3年連続アカデミー作品賞を受賞するなど、実写部門で着実に実績を積むも、アニメ部門での勝利に固執するカッツェンバーグは、悩みに悩んで、同ジャンルでのゲリラ戦法をやめて、ディズニーに勝利するべくCGアニメ映画を製作する、それが『シュレック』です。結果は、この年から始まったアカデミー長編アニメ賞を受賞するも、 ざっくり収益では『ファインディング・ニモ』=$846,000,000に対して、シュレック=$424,000,000で、ダブルスコアをつけられて、三度惨敗。このとき、カッツェンバーグは、「勝ちたいんや!」と言ったとか、言わなかったとか。

 

2004年

『Mr.インクレディブル』対『シュレック2』

Mr.インクレディブル [DVD] シュレック2 スペシャル・エディション [DVD]

 「勝つまでは、諦めません」をモットーにカッツェンバーグ、再度「シュレック」でチャレンジ。冒頭シーンから、アリエルらしき人魚を海に放り投げるなど、カッツェンバーグの執念を感じる演出が随所にみられる。そして、運命のざっくり収益は、『Mr.インクレディブル』=$541,000,000に対して、『シュレック2』=$844,000,000で、仁義なき戦争が始まってから6年目にして、ついにカッツェンバーグは、念願の勝利を手にしたのでした。めでたし、めでたし、とっぴんからりせんしょのみ。(しかし、アカデミー長編アニメ映画賞は、『Mr.インクレディブル』に持っていかれました。)

リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ

リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ

  • エディ・マーフィ & アントニオ・バンデラス
  • ポップ
  • provided courtesy of iTunes

ドリームワークス勝利の歌として聴くと、お祭り騒ぎしているカッツェンバーグの歓喜をいっそう感じることができます。

SHREK 2

SHREK 2

 
シュレック & シュレック 2 ツインパック [DVD]

シュレック & シュレック 2 ツインパック [DVD]

 

仁義なき戦い!ディズニー対ドリームワークス」の小話でした。 

 

www.taketakechop.net

www.taketakechop.net

www.taketakechop.net