taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

『ビバリーヒルズ・コップ』、知らざれる主役候補

ビバリーヒルズ・コップ(吹替版)

 『ダーティー・ハリー』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など主役候補が2転3転するという話をよく聞きますが、この『ビバリーヒルズ・コップ』も、2転3転しました。

 

ビバリーヒルズ・コップ 1984年

テーマ曲 Harold Faltermeyer「Axel F」

Axel F

Axel F

  • Beverly Hills Cop
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

主題歌 Glenn Frey 「The Heat Is On」

The Heat Is On

The Heat Is On

  • グレン・フライ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 『ビバリーヒルズ・コップ』。主役のアクセル・フォーリーを演じたのは、エディー・マーフィーですが、当初、予定されたのは、ミッキー・ロークでした。ところが、準備が進められる途中で、ミッキー・ロークは、降板。
 ちなみにミッキーロークは、翌年『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』で、ニューヨーク市警の刑事スタンリー・ホワイトを演じます。監督は、1980年の『天国の門』で、ユナイテッド・アーティスツを倒産に追い込んだマイケル・チミノです。『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』は、『天国の門』以来となる、監督復帰作でした。

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン [Blu-ray]

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン [Blu-ray]

 

 そして、次の候補となったのが我らの「シルヴェスター・スタローン」です。

Sly Moves : My Proven Program to Lose Weight Build Strength Gain Will Power and Live your Dream

 脚本は、「スタローン」仕様へ着々と変更され、ジョークが大幅に削除され、代わり爆薬を追加、出来上がったの内容は、「ランボー・イン・ハリウッド」へと生まれ変わりました。しかし、当時のパラマウント映画会長のマイケル・アイズナーが激しく拒絶、結局、スタローンも降板します。
 ちなみにスタローンは、翌々年、このアイディアをベースに、ポーラ・ゴズリングの小説『逃げるアヒル』を脚色して、『コブラ』をワーナーブラザースで制作、ロス市警のマリオン・コブレッティ刑事を演じています。また、原作『逃げるアヒル』は、ウィリアム・ボールドウィン×シンディ・クロフォードの『フェア・ゲーム』として、1995年に再映画化されています。

コブラ 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ [Blu-ray]

コブラ 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ [Blu-ray]

 
フェア・ゲーム [DVD]

フェア・ゲーム [DVD]

 
逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)

逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 結局、撮影開始2週間前で、『大逆転』『48時間』(共にパラマウント映画)で売り出し中のエディー・マーフィーに白羽の矢が立ちます。当初、エディー・マーフィーはあまり乗り気ではなかっそうですが、結果、1億800万ドルを稼ぎ出し、1984年の全米興行成績第4位に入り、アクセル・フォーリーは、エディー・マーフィーのハマリ役となりました。めでたし、めでたし、とっぴんからりせんしょのみ。

www.taketakechop.net

taketakechop.hatenadiary.jp

taketakechop.hatenadiary.jp

www.taketakechop.net