taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

久しぶりに定価で漫画買いました。「クトゥルフ神話」入門者なら、まず田辺剛を読みましょう。

闇に這う者 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

 あなたは、「クトゥルフ神話」初心者ですか?僕は、「クトゥルフ神話」初心者です。さらに洋書を翻訳した読み物が苦手です。あの「癖が強い」独特の修飾表現が苦手です。また「クトゥルフ神話」は、どういうビジュアル世界なのか、なかなかイメージが湧いてこないという難点があります。そんなとき、田辺剛が描くラヴクラフトの世界です。外道なやり方でしょうが、文字が苦手な人で、「クトゥルフ神話」初心者は、「漫画」を読んでから、「読み物」を読むというのもありではないでしょうか。

 

●魔犬

魔犬 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

魔犬 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

 

ラヴクラフトの謎に満ちた作品を、圧倒的な画力を誇る気鋭絵師が精緻で大胆に完全漫画家。
収録作品
『神殿』ドイツ軍の潜水艦が海底深くで見つけたもの。崇高ささえ香る名編。
『魔犬』廃墓地の盗賊者たちに迫る影。全作品中屈指の身も凍る恐怖怪異譚。
『名もなき都』砂漠に遺る太古の都跡には…。クトゥルフ神話最大の謎を描く。(帯より)

 

 上記作品の原作は、『ラヴクラフト全集3』(「無名都市」)『ラヴクラフト全集5』(「神殿」「魔犬」)『クトゥルフの呼び声』(「神殿」)に収録されています。 

ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))

ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))

 
ラヴクラフト全集 5

ラヴクラフト全集 5

 
クトゥルーの呼び声 (星海社FICTIONS)

クトゥルーの呼び声 (星海社FICTIONS)

 

 

異世界の色彩

異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

 

ラヴクラフトが「もっとも満足のいく作品」と語った最高傑作、奇跡の漫画化。

 ”それ”は宙からやって来て、その地を冒した。怪奇小説史に燦然と輝く啓示的傑作、衝撃の漫画化。(帯より)

 

 原作は、『ラヴクラフト全集4』(「宇宙からの色」)に収録されています。

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

 

 

闇に這う者

闇に這う者 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

闇に這う者 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

 

運命的な最初期作と最終到達点。恐怖小説界の巨星、生涯を貫く二篇。

恐怖小説家としての出発点『ダゴン』と圧倒的遺作『闇に這う者』。歴史的名作二篇、霊撼の漫画化。(帯より)

収録作品
『ダゴン』闇に這う者

 

 原作は、ラヴクラフト全集3』(「ダゴン」「闇をさまようもの」)『クトゥルフの呼び声』(「ダゴン」)に収録されています。

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

 
クトゥルーの呼び声 (星海社FICTIONS)

クトゥルーの呼び声 (星海社FICTIONS)

 

 

ハンドブックとして

僕は、とりあえず、この2冊を片手に「読み物」などを読み進めています。

ヴィジュアル版 クトゥルー神話FILE

ヴィジュアル版 クトゥルー神話FILE

 
図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)

図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)

 

 

H・P・ラヴクラフトとは

H. P. Lovecraft: The Complete Fiction (English Edition)

I Am Providence: The Life and Times of H. P. Lovecraft (Two Volumes)

ハワード・フィリップ・ラヴクラフト(1890-1937)

20世紀初頭に活躍したアメリカの怪奇小説家。アメリカ・ロードアイランド州の州都、プロヴィデンス出身。1920年以降、『ウィアード・テールズ』などの雑誌で怪奇小説を発表する。1937年、46歳で亡くなった。ラヴクラフトが起こした小説世界は、彼の友人後輩作家が彼の創った暗黒神や地名などの固有名詞を共有し、書き継いだことで、架空の神話体系「クトゥルフ神話」となり、現代も、その神話世界は、拡大し続けています。