taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

恐るべし「松坂大輔」というブランド力!?

f:id:taketakechop:20180906120427j:plain

8月27日の

漫画だったら、絶対にボツになる松坂大輔の2009年迄の野球人生 」という記事が

ハッスルしたという小話です。

www.taketakechop.net

通常は、50アクセスあるか、ないかという

taketakechopの小話の世界」なのですが、

松坂記事を投稿した翌日から、

アクセスが大変なことになっていました。

8/28 1343

8/29 3656

8/30 2826

9/01 1509

4日間の合計が「9334」という見たことのない数字になりました。

f:id:taketakechop:20180906120530j:plain

f:id:taketakechop:20180906120500j:plain

 

www.smartnews.com

原因は、「smartnews」だと思われます。

「思われる」というのは、

smartnews」で関連記事を確認することが出来なかったためですが、

アクセス分析のアクセス元サイトに

「www.smartnews.com」とあるので、

多分、ここからアクセスがあったのだと思っています。

なぜ、

smartnews」の載ったのか、

そもそも本当にアクセスがあったのかも、分かりません。

というのも、

ブックマーク数は、「7」で、

☆の数は、「60」。

いつもとそれほど変わらない数字で、

9000アクセスという数の影響があるようには、見えません。

 

もし本当にアクセスがあったのなら、

一番考えることのできる理由は、

題名に誘われて、

アクセスしてみたけど、

読む価値なし」と判断された…、

…これは、

松坂大輔」というブランドを利用してしまった便乗記事だったのか…。


補足

8月6日の「『動かない』と『美しくない』の『ない』の違いが分かりますか? 」も、

smartnews」に載ったような気がしますが、

www.taketakechop.net

そのときは、アクセス数は、確か「300」程で、

 

9月2日の「地理と歴史に関して、小学生の間に覚えておきたいこと 」は、

はてなブックマークの新着エントリー載りましたが、

www.taketakechop.net

そのときのアクセス数は、

9/2が「81」で、9/3が「214」9/4が「101」だったので、

松坂大輔」というブランド、やっぱりスゴイわーという小話でした。