taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

主語・述語の関係の種類

f:id:taketakechop:20180816141655j:plain

前回の続きです。

今回は、「主語・述語の関係」の種類です。

「主語・述語の関係」には、次の3つの型があります。

①何が どうする。

②何が どんなだ。

③何が 何だ。

どの文法の解説書でも、

だいたい、このような表記だと思います。

ただ、この説明だけでは、

なかなか理解しがたいところがあります。

では、

問題で確認してみましょう。

 

問題➊

次の各文の「主語・述語の関係」は、どの型にあたりますか。

 ①犬が 走る。

②あの 魚は マグロだ。

③水が おいしい。

④海が 穏やかだ。

⑤子供が 飛んだ。

 

では、答えです。

答え

①犬が 走る。     「何が どうする。」

②あの 魚は マグロだ。「何が 何だ。」

③水が おいしい。   「何が どんなだ。」

④海が 穏やかだ。   「何が どんなだ。」

⑤子供が 飛んだ。   「何が どうする。」

 

どうでしたか?

分かる人は、分かるのですが、

分からない人は、分かりません。

taketakechopが説明する場合、

もう少し言葉を足して説明しています。

ただし、

ここからは、

他の解説書などでは、見ない説明のため、

もしかしたら、間違いがあるかもしれませんが、

参考までに読んでください。

 

結局のところ、

①の「何が どうする。」の

どうする」とは、「動詞」のことです。

というわけで、

①「何が どうする。」のことを

動詞型「主語・述語の関係」

と呼んでいます。

では、

②の「何が どんなだ。」の「どんなだ」は、何だと思いますか?

どんなだ」は、「形容詞・形容動詞」のことです。

というわけで、

②「何が どんなだ。」のことを

形容詞・形容動詞型「主語・述語の関係」

と呼んでいます。

③「何が 何だ。」の「何だ」は、「名詞」のことです。

というわけで、

③「何が 何だ。」のことを

名詞型「主語・述語の関係」

と呼んでいます。

 

こう考えれば、

問題➊を簡単に解くことができます。

確認のため、もう一度、問題➊を。

述語の品詞

動詞

形容詞・形容動詞

名詞かを確かめるだけです。

 

問題➊

次の各文の「主語・述語の関係」は、どの型にあたりますか。

 ①犬が 走る。

②あの 魚は マグロだ。

③水が おいしい。

④海が 穏やかだ。

⑤子供が 飛んだ。

 

答え

①「走る」は、動詞=「何が どうする。」型

②「マグロだ」は名詞=「何が 何だ。」型

③「おいしい」は、形容詞=「何が どんなだ。」型

④「穏やかだ」は、形容動詞=「何が どんなだ。」型

⑤「飛んだ」は、動詞=「何が どうする。」型

となります。

 

それでは、前回の説明をしたいと思います。

前回の問題➌

次の2文節の文で、主語のある文は、どれでしょうか?

 ①野菜が 食べたい。

②野菜が 苦手だ。

まず述語の品詞を確認すると、

①「食べたい」は、

 動詞「食べる」+助動詞「たい」⇒動詞です。

動詞の場合、注意が必要です。

主語は、必ずその動詞の動作主でなければなりません。

この場合、「食べる」という動作をするのは、

決して「野菜」では、ありません。

「野菜」は、「食べる」という動作を受ける対象なので、

この文には、主語がないということになります。

 

次に②です。

「苦手だ」形容動詞です。

述語が「形容詞・形容動詞」や「名詞」の場合は、

「主語」=「述語」となります。

英語の「S Vbe C」と同じ *1 です。

【確認する方法】

もし「主語=述語」なら、

主語と述語を入れ替えることが出来きます。

「野菜が 苦手だ」の主語と述語を入れ替えると、

「苦手なのが 野菜だ。」となり、意味が通るので、

「野菜」は、「苦手だ」の主語だということが分かります。

「海は、穏やかだ。」⇔「穏やかなのは、海だ。」

「海」=「穏やかだ」

「彼は、野球選手だ。」⇔「野球選手は、彼だ。」

「彼」=「野球選手」

 

まとめ

①「主語・述語の関係」には、3つの型がある。

 「動詞型」と

 「形容詞型・形容動詞型・名詞型」の2つに分けられる。

 

②動詞型の「主語・述語の関係」のとき、

 主語は、必ず動詞の動作主でなければならない。

 

③形容詞・形容動詞型の「主語・述語の関係」

 名詞型の「主語・述語の関係」のとき、

 「主語」=「述語」の状態にある。

※意味が通じなかった場合は、もしよければ教えて下さい。またいろいろ考えたいと思います。

*1:「I am a student.」のとき、「I = a student」です。