taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

スポンサードリンク


「野菜が食べたい。」この文に主語は、ありますか?

f:id:taketakechop:20180816104105j:plain

文の基本は、

「主語・述語の関係」です。

「主語・述語の関係」とは、

「文節どうしの関係」のことです。

ちなみに

中学校で習う「文節どうしの関係」には、

次の4種類

①「主語・述語の関係」

②「修飾・被修飾の関係」

③「並列の関係」

④「補助の関係」があります。

今回は、

その中の「主語・述語の関係」に関する小話です。

まず問題で、

「主語・述語の関係」を確かめてみましょう。

問題➊

次の2文節の文で、主語のある文は、どれでしょうか?

 

①海は 穏やかだった。

②私は 悲しい。

③犬が 走る。

④美しい 建物だ。

⑤町から 離れる。

 

では、答えです。

答えは、

①、②、③です。

解説

赤字が主語で、橙字は、修飾語です。

 

海は 穏やかだった。

私は 悲しい。

犬が 走る。

美しい 建物だ。

町から 離れる。

ちなみに④と⑤は、「修飾・被修飾の関係」の文です。「美しい」は、「建物だ」を、「町から」は、「離れる」を修飾しています。修飾するとは、「詳しく説明する」ことだと考えて下さい。

 

最初に言いましたが、

「主語・述語の関係」は、文の基本です。

しかし、

日本語では、

この主語が、頻繁に省略されてしまいます。

特に

文学的な文章において、

「主語の省略」は、顕著に現れます。

これも、問題で確認してみましょう。

問題➋

次の①~⑩の文の中で、

主語のある文は、どれでしょう。

文は、米倉斉加年著『大人になれなかった弟たちに……』の冒頭部分です。

 

①僕の弟の名前は、ヒロユキといいます。

②僕が小学校四年生のときに生まれました。

③そのころは小学校といわずに、国民学校といっていました。

④僕の父は戦争に行っていました。

⑤太平洋戦争の真っ最中です。

⑥空襲といって、アメリカのB29という飛行機が毎日のように日本に爆弾を落としに来ました。

⑦夜もおちおち寝ていられません。

⑧毎晩、防空壕という地下室の中で寝ました。

⑨地下室といっても、自分たちが掘った穴ですから、小さな小さな部屋です。

⑩僕のうちでは、畳を上げて床の下に穴を掘りました。

 

では、答えです。

答えは、

④、⑥です。

解説

赤字主語で、青字述語です。

(橙字)は、省略された主語です。

 

①僕の弟の名前は、(人々が)ヒロユキといいます

②僕が小学校四年生のときに(弟は)生まれました

③そのころは小学校といわずに、(人々は)国民学校いっていました

④僕の父は戦争に行っていました

(父が戦争に行った時期は)太平洋戦争の真っ最中です

⑥空襲といって、アメリカのB29という飛行機が毎日のように日本に爆弾を落としに来ました

(僕たちは)夜もおちおち寝ていられません

(僕たちは)毎晩、防空壕という地下室の中で寝ました

⑨地下室といっても、自分たちが掘った穴ですから、(地下室は)小さな小さな部屋です。

⑩僕のうちでは、(母や祖母たちが)畳を上げて床の下に穴を掘りました

※省略された主語は、あくまでも例なので、表現は、他にも可能です。

 

もし、

正確に文章を読もうとするなら、

この省略されている主語をいちいち確認して、

読まなければいけません。

想像するだけで、

疲れてしまう作業です。

英語では、基本、主語の省略が見られません。

どちらがよいのかは、一概に言えません。

というのも、

言葉は、ニーズに合わせて発達するため、

その国の人たちが培ってきた

生活様式が大きく作用します。

日本人にとって、

「主語を省略する」必要性があったのか、

「主語を省略できる」環境があったのか、

この話は、またの機会に致しまして、

とにかく

日本語は、

「主語を省略するんだ」という特徴

を掴んでもらえたと思います。

 

では、最後に

今日の題名の

『「野菜が食べたい。」この文に主語は、ありますか?』です。

問題➌

次の2文節の文で、主語のある文は、どれでしょうか?

①野菜が 食べたい。

②野菜が 苦手だ。

 

どうでしょうか?

答えは、決まりましたか?

では、答えです。

答えは、

です。

②には、主語がありますが、

①には、主語がありません。

なぜでしょう。

理由は、次回、説明したいと思います。

次回は、「主語・述語の関係」の種類です。