taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

「ドレミの歌」 なぜ、「ソは青い空」なのか?

f:id:taketakechop:20180805154155j:plain

なぜ、「ソは青い空」なのか?

taketakechopは、

直ぐに法則などを探してしまう傾向にあります。

だから、

法則のあるものは、大丈夫です。

実は、

法則がないものも、大丈夫なのですが、

法則がありそうで、法則がないものが、苦手です。

気になって、仕方ありません。

そんなわけで、

「ドレミ」の歌が苦手です。

特にココ↓の部分です。

f:id:taketakechop:20180805154428j:plain

みなさんは、どうでしょうか?


苦手な部分1「ソは青い空」

「ソ」以外は、全部、先頭の文字で解決しています。

しかし、

「ソ」だけ、「あおいら」と、

突如、4番目の文字で解決しています。

法則がありそうで、法則がない。

というか、

法則が崩れている。

こういうのが苦手です。

なぜ、このような苦し紛れなことが起きたのか?

「ソース」、「倉庫」、「ソーセージ」、「葬式」、

ソーダ水」、「そら豆」、「ソフトドリンク」、

「素麺」、「掃除機」、「速球」、「卒業」、

「即興詩人」、「育て上げる」、「底引き網」、

ソーシャルネットワーク

「ソ」から始まる言葉は、いくらでもあります。

※taketakechop的には、「ソーダ水」か「速球」が良いなと思います。

何かやんごとなき事情があったのだろうか?

例えば、

原文で、

「So」は、「Sky in the Blue *1 」のような。

で、原文を確かめてみましたが、

全く関係ありませんでした。

(英語原文)

Doe, a deer, a female deer

Ray, a drop of golden sun

Me, a name I call myself

Far, a long, long way to run

Sew, a needle pulling thread

La, a note to follow Sew

Tea, a drink with jam and bread

That will bring us back to Do (oh-oh-oh)

 

(tketakechop的直訳)

ドは 鹿、雌鹿

レは 黄金太陽の注ぐ光

ミは 私が自分自身を呼ぶ名前

ファは 長い、走るための長い道

ソは 糸を引いている針

ラは ソの次にくる音

シは ジャムとパンと一緒に飲むもの

それは 私たちをドに戻すだろう


そもそも、

「ドはドーナツのド」という型は、

訳者のオリジナル・アイディアのようでした。

英語歌詞は、

「ドレミ」を「同音の言葉に置き換えた(Do=Doe)言葉遊び」で、

詩が作られていた。

 

苦手な部分2「名詞の種類がバラバラ」

「ドーナツ」「レモン」「みんな」「ファイト」

「(青い)空」「ラッパ」「幸せ」は、

全て名詞だが、

「ドーナツ」「レモン」「みんな」「空」「ラッパ」が

一般的な名詞(もの、事柄を表す名詞)であるのに対して、

「ファイト」は、動詞性名詞(動作を表す名詞)で、

「幸せ」は、形容詞性名詞(性質や状態を表す名詞)。


苦手な部分3 直接「幸せ」と言ってしまう。

「ドーナツ」「レモン」「みんな」「青い空」

「ファイト」「ラッパ」「幸せ」と

どの言葉も、プラスをイメージさせる言葉で、

「楽しさ *2」を間接的に表現しているのに対して、

「シ」だけ「シは幸せよ」と直接表現してしまう。


苦手な部分4 最後の「ド」の音符は、「ミ」

「ドはドーナツのド」で、

最初の「ド」の音符は、「ド」なのに、

最後の「ド」の音符は、「ミ」になっている。

f:id:taketakechop:20180806091816j:plain

「レ」以降も同じで、一致しない。

最後の「ド」も、音符「ド」にしてくれないと気持ちが悪い。

これは、

訳者の

オリジナル・アイディアである「ドはドーナツのド」という型で、

突っ走ったために、

起きてしまった現象だ。

もう少し慎重にしてもらえたら、良かったな。


この苦手な部分がどれか1つだと

まだ良いのだけれども、

4つも法則崩れが起きていると、

taketakechop的には、気になって仕方ない。

訳者は、詩人ではなく、あくまでも訳者だったのか?

また音楽家でなかったから、

音符のことは気にしなかったのか?

とにかくおおらかな人だったのかもしれません。

※違いました。訳者は、音楽家でした。

まあ、

今回のような

重箱の隅をつつくような行為は、厳禁なんでしょうが、

気になるものは、気になってしまうという小話でした。

 

*1:無理やり英語です。

*2:taketakechop的には、「ラッパ」=「楽し気・プラス」という感覚は、あまりありませんが。