taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

数字の小話4 ピョンチャン・オリンピックでのメダルの数

f:id:taketakechop:20180719132332j:plain

2018年、

ピョンチャンオリンピックでのメダル獲得数が

過去最高だったそうです。

オリンピックには、

あまり興味・関心・意欲がないので、

情報が伝わってくるのが、遅いんだな。

オリンピックは、好きじゃないというよりは、

苦手。

円谷幸吉ショック体験 *1 のある人は、

理解してもらえるかもしれませんが、

「楽しんできます。」とか、

「感動を与えられるよう…」的な発言を耳にすると、

この人たちは、

本気で言っているのかなあ!?

円谷幸吉のこと知っているのかなあ!?と

何か罰当たりな発言に聞こえて、

不安を覚えてしまうのです。

taketakechopは、爺(じじい)*2なんだな。

話を戻しますと、

日本の獲得メダル14枚の内訳は、

金4、銀5、銅4で合計14個。

急ですが、

韓国は、17個だったそうで、

内訳は、

金5、銀8、銅4だそうです。

だいたい何が言いたいのか、

見当がつくと思いますが、

日本は、113人が参加したのに対して、

韓国は、71人が参加。

日本は、選手ひとりあたり0.12個メダル獲得。

韓国は、選手ひとりあたり0.23個メダル獲得。

もし総人口で考えると、

日本の人口は、1億2000万人で、

韓国の人口は、5000万人なので、

日本は、国民ひとりあたり0.00000017個メダル獲得。

韓国は、国民ひとりあたり0.00000034個メダル獲得。

そうなんです。

韓国は、日本の2倍メダルを獲得しているんです。

さらに、

日本と韓国の人口を同じにして、

比較すると、

韓国は、日本の4.8倍メダルを獲得しています。

どうか

日本政府が

メダルを取るという名目でつぎ込んだ税金が

韓国政府がつぎ込んだ税金の5分の1以内でありますように。

*1:1964年、円谷幸吉は、東京オリンピックのマラソン競技で銅メダルを獲得したばかりに、大人の事情で振り回され、追い込まれた結果、28歳の若さで自決してしまう。勿論リアルタイムの体験では、ありません。

*2:世間の感覚から逸脱してしまったの意。