taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

ミイラ男に追われる

f:id:taketakechop:20180713181443j:plain

古代エジプト人は、

「人間の魂は不滅なのだ。」

という信仰を持っていました。

そういう理由から、

とにかく肉体を保存しておけば、

「いつの日か

死者の魂が戻ってきて、

復活できるんじゃないか」

という発想が生まれ、

死者の保存(=ミイラ作り)が盛んに行われたそうです。

確かに。

人間の魂が不滅か、どうかは、わからないけど、

とにかく

肉体が保存してあれば、

復活できる時代になったのだから、

やっと古代エジプト人の発想に

時代が追いついたということか。

古代エジプト人、恐るべし。

ちなみに、

モンスターの「ミイラ(マミー)」は、

古代エジプト人のミイラ信仰に着想を得た、

メイド・イン・ハリウッドで、

1932年にユニバーサル映画が製作した

『ミイラ再生』(The Mummy)が始まりだそうです。

2017年のトム・クルーズの『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は、

この『ミイラ再生』のリブート作品でした。

taketakechop.hatenablog.com

また、

エジプト由来のミイラは、

「猫 *1」と「太陽」が苦手だそうで、

同じく『ミイラ再生』のリブート作品である

1999年の『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』の中では、

ミイラが猫に驚く場面がありました。

描いたイラストは、

犬だったから、追われちゃったんだな。

残念。

*1:エジプトでは、神聖な生き物のため。