taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

マイケル・ジャクソン taketakechop的お薦め10曲

f:id:taketakechop:20180710104742j:plain

マイケル・ジャクソンって、素晴らしい。

2009年にお亡くなりになられてからも、

8年間で1400億円以上稼がられているそうで、

まさに超人。

マイケル・ジャクソンは、

人類史上ただ独り解脱されたという釈尊に匹敵する

存在だと思うので、

「ジャクソン5」時代から全時代を通して、

taketakechop的お薦めベスト10をどうぞ。


●第10位「ABC」

モータウン *1所属として、

「ジャクソン5」が1970年に発表した第2弾シングル。

マイケル・ジャクソンは、1958年生まれだというので、

このとき12歳。

小さいのにノリノリでスゴイなー。 

 

●第9位「Slave To The Rhythm」

死後アルバム、2014年の『Xscape』の8曲目。

本当に歌っていないとか、

誰かの声で補足しているとか、

いろいろ疑惑のあるアルバムですが、

36秒あたりの「スリッパ」の言い方がスゴい、

あと3分10秒あたりの「ホーム、ホーム」もテンション上がる。

久々にマイケル・ジャクソンを体感できた曲だった。 

  

●第8位「Santa Claus Is Comin' To Town」

たくさんの人がカバーしているけど、

「ジャクソン5」が一番ウキウキする。

この曲を聴くと、幼き日のクリスマスが思い出される *2。 

  

●第7位「Don't Stop 'Til You Get Enough」

1979年のアルバム『Off the wall』のオープニング曲。

伝説は、この曲から始まるよ。 

  

●第6位「Remember The Time」

1991年のアルバム『DANGEROUS』の第2弾シングル。

力強い「now baby」が素晴らしい。

また3分過ぎの「ホー」から、

言葉を畳みかける終盤が堪らない。

ショートフィルムには、エディー・マーフィーが出演。 

  

●第5位「Beat It」

1982年のアルバム『Thriller』の第3弾シングル。

全く踊れないけど、踊りたくなる。

何かできないものかと、コソっと体を動かしてみて、

急に恥ずかしくなっちゃう。

分かっていたけど、それでも、体を動かしてしまう一曲。 

  

●第4位「BLACK OR WHITE」

1991年のアルバム『DANGEROUS』の先行シングル。

曲は、さることながら、

ジョン・ランディス *3が監督を務めたショートフィルムも必見。

曲終わりから、始まる「パンサーパート」と呼ばれる謎のシーン。

いろいろな解説があるが、自分の目で観て、

判断した方が絶対にいい。 

 

●第3位「Destiny」

「ジャクソンズ *4 」の1978年のアルバム『Destiny』の表題曲。

1971年からソロ活動を展開するも、

伸び悩むマイケル・ジャクソンが覚醒する瞬間を確認できる運命的な一曲。

1972年の「Ben」を彷彿させる出だしから、徐々に徐々に片鱗が。

「I want Destiny」の「I want」の歌い方が堪らない。

3分23秒には、青年マイケルの若々しい「ホー」も聴くことができる。 

  

●第2位「BAD」

1987年のアルバム『BAD』の表題曲。

マーティン・スコッシが監督を務めたショートフィルムが

これまた必見。

ダンス技術論とかは、全く分からないけど、

とにかくマイケル・ジャクソンが圧倒的に格好いい。

曲終わりから暴走するマイケル・ジャクソンのアドリブに

必死についていこうとする共演者のあたふた感も愉快。

あと、

「BAD」の流用曲だと思われる

田原俊彦の「ジャングルJungle」も併せて聴いてほしい。

「BAD」のところを「そうさ」と置き換え決める田原俊彦も、

ノリノリで格好いい。 

   

●第1位「Another Part of Me」

たぶんマイケル・ジャクソンは、

この曲、あまり好きじゃないと思う。

どのベストにも収録されていない。

理由は、この曲のせいで、

「Don't Stop 'Til You Get Enough」から続いていた

ビルボード10位以内の記録が途切れてしまったからだろう。

ちなみに「ANOTHER PART OF ME」は、11位だった。

しかし、この曲は、

taketakechopが非常に有難がっている

『キャプテンEO *5 』の

エンディングに使用されていたため、

taketakechop的には、絶対に外せない、

こだわり *6 の一曲。 

*1:アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト発祥のレコードレーベル。

*2:この助動詞「れる」が自発の「れる」。

*3:1983年の「スリラー」のショートフィルムの監督も務める。

*4:モータウンからの移籍に伴い、「ジャクソン5」から改名。

*5:東京ディズニーランドのアトラクションだった。1997年クローズ。誰か権利関係を調整して、正規版DVDを発売してほしい。

*6:普通は、軽視されがちなことにまで、好みを主張すること。