taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

カラオケで怪奇現象が起こる

f:id:taketakechop:20180703054036j:plain

1991年あたりのことだったと思う。

男、数人でカラオケルームに行った。

その中に歌の上手い人がひとりいた

彼の番が来た。

「15の夜」が流れる。

1983年に発表された尾崎豊の名曲だ。

彼は、

尾崎豊が得意だった。

人の歌を聴くことは、基本、ないのだが、

珍しく、皆、彼の歌声に耳を傾けていた。

「あいかわらず上手だな」などと、心の内で思っていると、

サビに差し掛かる。

「15の夜ー」

そのときだった。

悦に入っていた彼を、ことが襲った。

「盗んだバイクが走り出すー」と

彼は、いい声で歌い上げた。

皆、直ぐにその異様さに気づき、

「怖ー、怖ー」

「盗んだバイクに自動帰宅装置が付いていたのか」などと

言いあい、肩を寄り添いあった。

たった一文字の助詞、

「で」が「が」に変わっただけで、

こんな怪奇現象が起こるなんて、

助詞の恐怖を思い知らされた一夜だった。