taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

「確実に人を泣かせる」という『チャンプ』

映画の話10

1979年『チャンプ』(フランコ・ゼッフィレッリ監督)

THE CHAMP

f:id:taketakechop:20180626131117j:plain

ジョン・ボイト *1 扮する

元ボクシング世界チャンピオンとその子どもが織りなす感動作。

『チャンプ』のラストシーンは、

「確実に人を泣かせる」という話を聞いて、

ふと

1986年あたりのことを思い出した。

学校の映画鑑賞会で、この『チャンプ』を観たあと、

トイレでオシッコをしていると、

右隣りに人が来た。

人影のサイズから高校生 *2 だろう。

taketakechopは、

オシッコの最中に

隣りに人が来ると、

オシッコが止まっちゃうタイプだ。

「むー」と思いながら、

捻り出そうとしていると、

何かが変だと感じた。

横を向けなかったので、

前を向きながら、最大限右側の視野を広げる。

ぼやーっと広がる視界。

すぐに

オシッコ・リズムが変だとわかった。

小刻み過ぎるんだ。

taketakechopは、

そんな小刻みなオシッコ・リズムを知らない。

どういうことかと、

我慢できずに横をチラリと盗み見すると、

ゴリラのように厳つい高校生が号泣していた。

そのときは、ただ気持ち悪いなと思っただけだったが、

今、考えると、

それは、『チャンプ』のせいだろう。

中学生のtaketakechopは、

泣いていなかったどころか、

何とも思っていなかった。

七つまでは神のうち」という言葉が表すように

taketakechopは、

まだ神の領域にいた *3 からであろうか。

というわけで、

今さら『チャンプ』を観返す。

123分後、

確かに泣いてしまったけれども…、

終幕場面では、泣けなかった。

人とズレていてるのか!?

はたまた

taketakechopは、

未だに神の領域にいるのだろうか!?

*1:アンジェリーナ・ジョリーのお父さん

*2:taketakechopは、中高一貫校だった

*3:「神(=常世の住人)は、感情を持たない。(かぐや姫も月に帰る瞬間、感情を失くした。)」という発想