taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

終助詞「な」

終助詞「な」

f:id:taketakechop:20180620133256j:plain

学校でも、参考書でも、学習書でも、

ほとんどの場において、

「助動詞・助詞」(=付属語)は、

軽んじられているように思えて、悲しい。

助動詞・助詞こそが大事だと思うが、

賛同を得ることも、あまりない。

これは、もう信仰だから、仕方ない。

付属語の重要性を世に広めるために、

今回は、

終助詞の「な」について書こう。

数年前、

「な」は、何かと気になり、

調べると、

「な」は、「感動・詠嘆を表す。」とあった。

・凄いな。

・美しいな。

・面白いな。

確かに相違ない。

 

しかし、

・おにぎりだな。

これは、感動・詠嘆を表しているのか?

『裸の大将』で、

山下清が「おにぎりなんだな。」と言っている場面を思い浮かべると

感動・詠嘆と言えなくないような気もする。

 

ところが、しかし、

・うんこだな。

これは、どうなんだろう?

これも、感動・詠嘆と言えるのか?

文法的には、

「おにぎりだな」と同じ

「名詞」+「断定の助動詞」+「感動の助詞」という構造なので、

間違いは、ない。

しかし、何か変だ。

どこかに落とし穴があるはずだと

消去法でアレコレ考えていると、

「感動」という言葉が残った。

「感動」の意味を調べる。

「深く物事に感じて心を動かされること。」とあった。

なるほど、

僕は、勘違いをしていた。

「プラス面に心が動いたとき」だけが感動だと。

確かに、

朝、学校に行って、教室にうんこが落ちていたら、

心動くわ。

ということは、

「お爺ちゃんが死んで、感動した。」

これも、決しておかしくない表現なのだろう。