taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

ジャッキー・チェンの『ラッシュ・アワー』

映画の話6

1998年『ラッシュ・アワー』(ブレット・ラトナー監督)

Rush Hour

f:id:taketakechop:20180620131040j:plain

前回に続いて、ジャッキー・チェン

ジャッキー・チェンを有難がって、幼少期を過ごした人 *1 にとって、

『ラッシュ・アワー』は、

感慨深い作品では、なかろうか?

『ラッシュ・アワー』は、

ジャッキー・チェンにとって、初の完全ハリウッド映画だ。

典型的なバディ・ムービー(相棒映画)で、

黒人と中国人という組み合わせは、意外と初だろう。


ブルース・リーの後継カンフ・スターとして乗り込んだ、

1980年『バトルクリンブロー』*2 から始まる全米進出計画、

第2弾の1985年の『プロテクター』*3

そして、

1995年の『レッド・ブロンクス*4  を経て、

苦節18年、やっとこさ実現した完全ハリウッド映画 *5

ライバルのリー・リー・チェンは、

僅か2か月先の1998年7月に

リーサル・ウェポン4』で、ハリウッド・デビュー。

しかも、ジェット・リーと名前を変え、

ブルース・リーの後継者を宣誓(!?)

親兄弟でもないのに、なぜだか、無性に悔しかった。

だから、

念願の完全ハリウッド映画である

『ラッシュー・アワー』に対する評価は、

面白いとか、面白くないとか、

クリス・タッカーの声質がどうとか、

筋立てがどうとか、

保険会社に制限されたとか、

ジャッキー・アクションは、こんなものじゃないとか、

ジャッキー自身が気に入っていないとか、

そういうことではなく、

ただただジーン!!

冒頭のニュー・ライン・シネマ社のロゴにジーン!

ラロ・シフリン *6 作曲のテーマ曲にジーン!

ジャッキー・チェンが苦手な英語を喋るシーンにジーン!

エンドクレジットのNG集にジーン!

観終わって、ジジジジーン!

日本語吹き替えにして、もう一度ジーン!

となってしまう。 

*1:テレビで、初めて『蛇拳』、『酔拳』を観たとき、幼きtaketakechopは、日本語吹き替えという存在を知らない小学生だった。そのため、ジャッキー・チェンを日本人だと思い込み、「同じ日本人であることを誇りに思う」などと激しく感動していた。

*2:ゴールデン・ハーベスト社(香港)ワーナー・ブラザース(米国)の合作映画。

*3:ゴールデン・ハーベスト社(香港)ワーナー・ブラザース(米国)の合作映画。

*4:ゴールデン・ハーベスト社(香港)制作の映画。(アジア映画発の全米興行収入初登場1位を達成)

*5:ニュー・ライン・シネマ社(米国)制作の映画。

*6:燃えよドラゴン』のテーマ曲を作曲。他に『ミッション・インポッシブル』『ダーディー・ハリー』なども作曲する大御所。