taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

We are macho!!

 

f:id:taketakechop:20180622101551j:plain

【9/3追記】

マッチョ・タイプのレスラーの系図です。

個人的には、なかなか気に入ったイラストです。

これぐらいの雑さでまとまるのが理想です。

特に規則正しく描けたお客さんが好きでした。

 

モデルになったレスラーの紹介。

 

SUPERSTAR

紫の帽子を被ったレスラーは、

70年代WWFで、活躍した

「ビリー・グラハム」です。

元祖マッチョレスラーと云われています。

また、

第7代WWF認定ヘビー級チャンピオンでもあり、

当時、国際プロレスが管理していた

IWA認定世界ヘビー級チャンピオンにもなっています。

 

INDREDIBLE

隣の黄色パンツは、 

映画『ロッキー3』や『特攻野郎Aチーム』にも出演し、

80年代から90年代にかけて、

全米で一世を風靡した「ハルク・ホーガン」です。

全米では、黄色パンツでしたが、

日本では、

白地で「一番」と書かれた黒パンツを着用して、

レスリングしていました。

WWF認定世界チャンピオンには、

6度君臨しています。

 

MACHOMAN

緑パンツは、

「ランディ・サベージ」です。

「ハルク・ホーガン」と同時期に活躍した

マッチョ・レスラーです。

お父さんも、弟も、プロレスラーでした。

また、トビー・マグワイア主演の

映画「スパイダーマン」にレスラー役で

出演しています。

WWF認定世界チャンピオンには、

2度君臨しています。

 

ULTIMATE

最後は、

90年代に「ハルク・ホーガン」の後継者として、

期待を集めた「アルティメット・ウォリアー」です。

次世代のスーパースターとして、

期待されましたが、

レスリングが一本調子で、

単調な展開が多かったため、

短命王者に終わってしまいましたが、

なかなか素晴らしいキャラクターを確立しました。

ハルク・ホーガンを破り、

1度、WWF認定世界チャンピオンに輝いています。