taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

「Smart News」抜きでアクセス人気のあった記事
第1位『名探偵コナン』少年サンデーコミックス版の「カバー後ろそで」の「青山剛昌の名探偵図鑑」1~3巻 
第2位常時ストックしてある「カレーレトルト」4選
第3位本家に迫っているんではないかと思われるカヴァー曲集め
第4位今更ながら、米津玄師!! 10月20日新曲「Flamingo」YouTube公開!!
第5位宮崎駿の音楽 『紅の豚』~『風立ちぬ』【後編】

80年代のジャッキー・チェン

映画の話5

taketakechopは、

ジャッキー・チェンが好きだ。

とくに80年代作品。

ジャッキー・チェンの映画は、

まず「見せ場(場面)」ありきで、

「筋(内容)」は、その「見せ場」、「見せ場」を繋ぐように展開する。

それ故に、

「内容軽視・場面重視」傾向の映画となっている。

80年代は、

「内容軽視・場面重視」に特化した黄金期だ。

 

もうひとつの特色として、

大手スーパーのような安心感がなく、

個人商店のようにクセが強い。

いわゆるオンリー・ワンだ。

例えば、

・独特な手振り、身振り。

・常軌を逸したアクション。

・意味が薄いスローモーションの多用。

・見せ場における多角度撮影による映像の繰り返し。

・主題歌も歌っちゃう。

・パッと切り上げる終幕場面。

とクセのある魅力でいっぱいだ。

このジャッキー商店の魅力は、

とくに監督・主演・脚本のワンマン作品で堪能できる。

 

主な監督作品

1979年 クレージーモンキー 笑拳

1980年 ヤングマスター 

1981年 ドラゴンロード

1983年 プロジェクトA 

1985年 ポリス・ストーリー/香港国際警察

1986年 サンダーアーム/龍兄虎弟 龍兄虎弟

1987年 プロジェクトA2 史上最大の標的

1988年 ポリス・ストーリー2/九龍の眼

1989年 奇蹟/ミラクル

1991年 プロジェクト・イーグル

1998年 WHO AM I?

2012年 ライジング・ドラゴン

 

初期3作品は、

伝統カンフー劇からの脱却が模索され、

1981年『ドラゴン・ロード』(27歳)においては、

カンフーの型が一切出てこないという

伝統カンフー劇との決別ともいえるエポック作品。

1983年『プロジェクトA』(29歳)から始まる一連の現代劇は、

1987年『プロジェクトA2 史上最大の標的』(33歳)までが黄金期となり、

健全な「内容軽視・場面重視」作品を楽しむことができるが、

1988年『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』(34歳)から

「内容軽視・場面重視」のバランスが崩れ、

ジャッキー・チェンは、禁断の「内容」を求め始める。

そのため、

1989年『奇蹟/ミラクル』(35歳)は、

ジャッキー・チェン監督作品の中で、最も「場面重視」が弱い作品となっている。

『奇跡/ミラクル』に、一応の満足を得たジャッキー・チェンは、

1991年『プロジェクト・イーグル』(37歳)で、

「内容軽視・場面重視」傾向に戻るが、

健全な「内容軽視・場面重視」映画は、これが最後となってしまう。

80年代は、終わり、

ジャッキー・チェンは、大人になってしまった。

 

お薦め作品

1981年『ドラゴン・ロード』(日本公開版)

f:id:taketakechop:20180620130039j:plain