taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

スポンサードリンク


映画

ブラッド・ピットの軍人映画3部作に関する小話

映画の小話18 演技のことは、分からないので、 アレですが、 ブラッド・ピットの特筆すべき点は、 ナチュラルに何にでもなれるところです。 どう見ても恰好いいと思うのですが、 ダサくもなれるし、 マッチョにもなれるし、 ヒーローにもなれます。 2008年『…

映画の小話 変な邦題は、嫌だ!!!!

映画の小話17 たぶん 止むに止まれない事情があるんだろうけど、 日本だなーと思ってしまう「変な邦題」シリーズ第1弾。 1966年クリント・イーストウッドの 『続・夕陽のガンマン』 イタリア制作の西部劇。 故に日本では、「マカロニ・ウエスタン」と呼ばれ…

夏に観たい雪山映画 5作品

映画の小話16 暑い夏、 冷房をフル稼働した部屋に似つかわしいと taketakechopが考える雪山映画。5作品。 1993年『生きてこそ』 (原題 ALIVE) 1972年10月13日、ウルグアイのラグビーチーム関係者45名を乗せた旅客機がアンデス山脈に墜落する。27名の生存…

『幸せの黄色いハンカチ』は、武田鉄也が軽薄な青年を見事に演じた傑作だ

映画の小話15 1977年『幸せの黄色いハンカチ』山田洋次監督作品 『幸せの黄色いハンカチ』は、 山田洋次監督の中期の傑作。 この映画は、武田鉄也が素晴らしい。 武田鉄也は、 失恋→自暴自棄になり、 仕事を辞めて、 新車を購入して、 北海道に、 ガールハン…

ジャッキー・チェンの出世作『蛇拳』と『酔拳』、勝つのは、どっちだ?

映画の小話14 どちらも、 シーゾナル・フィルム社で制作された1978年公開作品*1。 第1作目が『スネーキーモンキー 蛇拳』で、 第2作目が『ドランクモンキー 酔拳』。 監督は、2作ともユエン・ウーピン*2。 「蛇拳」は、1978年の香港映画興行収入第8位、 …

なぜに失敗!?『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』taketakechop的観点別評価

映画の小話13 2017年『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(アレックス・カーツマン監督) The Mummy 【基本情報】 ユニバーサル映画が 企画展開する新事業「ダーク・ユニバース」の第1作目。 1932年『ミイラ再生*1』のリブート作品。 公開初週末の全米興行成…

21年の時を経て、ついに公開!!サメ映画『MEG ザ・モンスター』

映画の小話12 『MEG ザ・モンスター』が 2018年9月7日に劇場公開される。 【あらすじ】人類未踏の深海で、太古の巨大ザメ「カルチャロドン・メガロドン*1」が人々を襲う海洋サバイバル・パニックアクション映画 *2 。 主演は、あのジェイソン・ステイサム *3…

興奮必死!!家に早く帰れる映画ベスト5

映画の小話11 「家に早く帰れる*1映画」とは、 「家に早く帰ることが出来る映画」のこと。 taketakechopが中学・高校の頃の移動手段は、 ケッタマシーン *2 だった。 市内最大駅前から家まで帰るのに、40分ほど時間を要したが、 「映画観る→激しく興奮→アド…

「確実に人を泣かせる」という『チャンプ』

映画の小話10 1979年『チャンプ』(フランコ・ゼッフィレッリ監督) THE CHAMP ジョン・ボイト *1 扮する 元ボクシング世界チャンピオンとその子どもが織りなす感動作。 『チャンプ』のラストシーンは、 「確実に人を泣かせる」という話を聞いて、 ふと 1986…

『ザ・プレデター』公開記念!プレデター特集!!

映画の小話9 初め、プレデター *1 を見たとき、河童(!?)と思っていたけど、 デザインを「宇宙海賊ブーバー *2」から流用しているそうなので、 あながち間違いでは、なかったのかも。 【あらすじ】アラン・"ダッチ"・シェイファー少佐は、ゲリラ部隊に捕…

人は、痛快無双な映画を作らないのか。

映画の小話8 痛快無双な映画がいい。 内容よりも、見せ場で見せ場で押し込む映画が好きだ。 2000年頃、 taketakechopは、 痛快無双な映画を求めていた。 初期のスティーブン・セガールは、そうだった。 合気道の達人を自負しているからなのか、 打撃を受け…

シュワルツェネッガーの『トータル・リコール』

映画の小話7 1990年『トータル・リコール』(ポール・バーホーベン監督) TOTAL RECALL 大御所フィリップ・K・ディック *1 の短編『記憶売ります』 *2 が原作で、 あのアーノルド・シュワルツェネッガーが 赤々とした空気のない火星で大暴れする冒険活劇だ…

ジャッキー・チェンの『ラッシュ・アワー』

映画の小話6 1998年『ラッシュ・アワー』(ブレット・ラトナー監督) Rush Hour 前回に続いて、ジャッキー・チェン。 ジャッキー・チェンを有難がって、幼少期を過ごした人 *1 にとって、 『ラッシュ・アワー』は、 感慨深い作品では、なかろうか? 『ラッシ…

80年代のジャッキー・チェン

映画の小話5 taketakechopは、 ジャッキー・チェンが好きだ。 とくに80年代作品。 ジャッキー・チェンの映画は、 まず「見せ場(場面)」ありきで、 「筋(内容)」は、その「見せ場」、「見せ場」を繋ぐように展開する。 それ故に、 「内容軽視・場面重視」…

イーストウッドの『ダーティー・ハリー』

映画の小話4 久しぶりに『ダーティー・ハリー』を見た。 1971年『ダーティー・ハリー』(ドン・シーゲル監督) Dirty Harry クリント・イーストウッド扮する ハリー・キャラハンが活躍するアクション刑事映画。 今、見ても全然カッコイイ。 クリント・イース…

トム・クルーズ 後編

映画の小話3 今回は、 2008年『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 Tropic Thunder 監督は、ベンスティラー。 この映画での役どころは、 強欲な映画プロデューサーのレス・グロスマン。 髪型は、磯野波平さんで、厚々の胸板に、太い腕、 ロバート・ダウ…

トム・クルーズ 前編

映画の小話2 そもそもトム・クルーズは、好きでなかった。 1986年から、 ただ顔が良いだけじゃないかと恨み、辛み、妬み、嫉み、僻んだ。 だから、 トム・クルーズの映画を リアルタイムで、 ほとんど観たことがなかったが、 そんなトム・クルーズに対する評…

ベン・スティラーの『LIFE』

映画の小話1 今日の映画は、 ベン・スティラーの『LIFE』。 The Secret Life of Walter Mitty ベン・スティラーが制作・監督・主演を務め、2013年に公開された。 ベン・スティラーの監督作品としては、5本目にあたる。 ベン・スティラーって、素晴らしい。 …