taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

日常の小話

記憶力の弱い僕は、歌詞を曲解してしまう。

普段は、どちらかというと、あまり歌詞を気にしません。僕は、たぶんメロディ派です。とは言っても、好きな歌は、何度も聴くので、歌詞が耳に残ることがある。 ところが、記憶力の弱い僕は、部分的にしか歌詞が残らないので、誤解したり、曲解したり、歌の雰…

33年ぶりに見つかった漫画『忍者ハットリくん』の13巻

『忍者ハットリくん』の13巻 今月、実家がなくなるというので、必要なものを引き取りがてら、屋根裏を探索していると、いろいろ懐かしいものが見つかりました。その中のひとつが『忍者ハットリくん』の13巻です。ずっと探していたけど、こんなところにあった…

今日は、錯覚

有名な錯覚図を8点、再現してみました。 ちなみに「錯覚」とは・事実に対する知覚のうえでの誤り。・聴覚や視覚に現れることが多い。・思い違い。勘違い。・「錯覚」は、対象のある場合で、対象のない場合は、ふつう「幻覚」を用いる。 旺文社「国語辞典」…

恐るべし「松坂大輔」というブランド力!?

8月27日の 「漫画だったら、絶対にボツになる松坂大輔の2009年迄の野球人生 」という記事が ハッスルしたという小話です。 www.taketakechop.net 通常は、50アクセスあるか、ないかという 「taketakechopの小話の世界」なのですが、 松坂記事を投稿した翌日…

大谷翔平の15号本塁打を見て、「二刀流」を改めて考える。

エンゼルスの大谷翔平選手が 8月27日(日本時間28日)、本拠地ロッキーズ戦で15本目の本塁打を記録しました。 この本塁打15本って、 はっきり言って滅茶苦茶です。 松井秀喜のメジャー1年目の16本との比較 松井秀喜は、 米メジャーリーグに移籍するまで、 …

taketakechopがここ30年間で衝撃を受けたこと

今回は、 taketakechopが ここ30年間で、衝撃を受けた10の事柄です。 ①宮崎駿の手塚治虫に対する追悼文の内容が「死者に鞭打つ」内容だった。 かなりな衝撃的な内容だった。 それ以来、宮崎駿に注目してきましたが、良かったです。 ②月が無くなると、地球の…

えんそく ふたごやま

えんそく ふたごやま きのうは、ふたご山にいきました。 そして、いろいろなのりものおのりました。 そしてやきゅうおやりました。 そしてぴーとなりごはんになにました。 みかん二こたべました。 そして、はからないごっこおやりました。 そしておわりまし…

お題スロットで小話を書く。

ここ1週間で、 素晴らしくアクセスが減少した *1 ので、 何を書いてよいか分からなくなったので、 「お題スロット」にチャレンジしてみることに。 第1スロット 「コーヒー」 「お題スロット」って、結構、厳しい。 コーヒー、分からん。 基本的にコーヒー…

未来の小話 時速40㎞の世界

小さい頃から 近未来の世界に憧れていて、 好んで、 近未来の漫画を読んだり *1 、 近未来の映画を観たりして、 taketakechop.hatenablog.com 「あぁ、未来とは、 なんて幸せな世界なんだろう。 早く未来にならないかなぁ。」と。 だからか、 小学校の登下校…

日常の小話 聞き間違い

その1 世界名作劇場の『トム・ソーヤの冒険』を観ていた小さい子が 「では、賛美歌を歌いましょう」という神父のセリフを聴いて、 「えッ!?三時間も歌うの!? 死んじゃうよ」と言っていました。 サンビカ ≒ サンジカン その2 お祖母ちゃんと車に乗って…

こんな日は、宮沢賢治 『春と修羅』第二集「三八四 告別」を読み返す。

つまらない小話 僕は、 創作することを生業として、 生きていきたいと思っていた。 しかし、 それは叶わず、 創作とは異なる業種で、 お金を稼いでいる。 創作は、 きっぱり諦めたのだけれども、 しかし、 悲しいことに 人種が「クリエーター *1」だからでし…

日常の小話 小さい頃の勘違い

taketakechopは、 その能力の低さからか、 勘違いの多い子供だった。 その1 小さい頃、 「ママはは」という言葉を聞いて、 変わっているなぁと思った。 母親が 「ママ」と「はは」で「ママはは」なら、 父親の場合は、 「パパちち」だと思っていたが、違っ…

taketakechopについて

2018年、 文法エッセイストになれないかと、 ブログなるものを始めてみました。 ただ 計画もなく、戦略もなく、 何も分かっていないためか、 激しく迷走し、 カテゴリーは、増え続け、 あてもなく、 ただ小話をする毎日に。 それでも、 一か月、続けることが…

カラオケで怪奇現象が起こる

1991年あたりのことだったと思う。 男、数人でカラオケルームに行った。 その中に歌の上手い人がひとりいた 彼の番が来た。 「15の夜」が流れる。 1983年に発表された尾崎豊の名曲だ。 彼は、 尾崎豊が得意だった。 人の歌を聴くことは、基本、ないのだが、 …

ガリガリ君の当りが出た。

今月の頭に 生まれて初めて、 ガリガリ君の当りが出て、小躍りしていたら、 昨日、 二本目の当りが出た。 いとうれし。 恵比寿様を描いたからだろうか。 今月は、 九州みかんを中心によく食べた。 夏は、氷系のアイスがいい。 【9/3追記】 その後の「ガリガ…

うんちが浮いた日

その日は、突然やって来た。 taketakechopが7歳で、弟が2歳だっただろうか。 幼きtaketakechopと弟は、 よく一緒にお風呂に入ったものだった。 当時の お風呂場というのは、 幼きtaketakechopを寒々とさせる場所だった。 タイルには、無数のヒビがあり、 …