taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

プロレス

アントニオ猪木が日本で初めてメインイベント戦に出場したのは、いつか?

アントニオ猪木が日本で初めてメインイベント戦に出場したのは、1966年10月12日のことです。この日、蔵前国技館で旗揚げされた「東京プロレス」の第1弾興行「ビッグマッチ・シリーズ」の初戦が、アントニオ猪木の日本で初めて出場したメインイベント戦です…

2018年の「ショーヘイ・オオタニ」旋風の55年前に全米を沸かせた最初の「ショーヘイ」は、ジャイアント馬場でした。

王者の魂 ジャイアント馬場のテーマ ORIGINAL COVER NIYARI計画 インストゥルメンタル ¥200 provided courtesy of iTunes ジャイアント馬場 本名、馬場正平(しょうへい) 1938年 生まれ。1955年 読売巨人軍に入団。5年間の在籍で1軍出場は1957年の3試合…

初代「タイガーマスク」変身前から、すでに完成していた佐山サトルのプロレス・スタイル=「サミー・リー」時代

1981年(昭和56年)4月23日に蔵前国技館で衝撃デビューを果たし、空前の虎ブームを巻き起こした佐山サトルですが、そのプロレス・スタイルは、変身直前のイギリス時代に完成していました。 youtu.be 片手に竹刀を持った黄色いジャージの人がサミー・リー(…

WWE中邑真輔の入場曲「The Rising Sun」

中邑真輔 1980年生まれ。2002年に新日本プロレスでデビュー。デビューから僅か1年2カ月の2003年12月9日に天山広吉を破り、デビュー最速・最年少IWGPヘビー級王座に。新日本プロレスの看板レスラーとして活躍した後、2016年に世界最大のプロレス団体「WWE」…

「爆弾小僧」ダイナマイト・キッド追悼特集。1980年代のプロレス百科のダイナマイト・キッド紹介文まとめ

2018年12月5日の朝、ダイナマイト・キッド選手がお亡くなりなられたそうです。実弟マークとマークの娘リア・ビリントンのふたりに看取られ、苦しむ様子はなく、静かに息を引きとられたそうです。この日は、ダイナマイト・キッドの誕生日で、60歳でした。 訃…

1986年謎の遺恨マッチ「前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント」本来、予定されていた勝敗は?

1986年4月29日に三重県津市体育館で行われた「前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント」本来、予定されていた勝敗は何だったのか? 「前田日明(当時27歳) 対 アンドレ・ザ・ジャイアント(当時40歳)」は、この日が2度目の対戦でした。 2人の初対決は…

新日本プロレス3大暴動事件②INOKI闘魂LIVE PART2での海賊男乱入

1987年(昭和62年)3月26日、大阪城ホールで開催された「INOKI闘魂LIVE PART2」のメインイベントは、「アントニオ猪木(当時44歳) 対 マサ斎藤(当時45歳)」でした。1987年は、「アントニオ猪木 対 マサ斎藤」の年と言っていい一年で、この年、4度のシン…

新日本プロレス3大暴動事件①第2回IWGP優勝戦での長州力乱入

1984年(昭和59年)6月14日、東京蔵前国技館で第2回IWGPの優勝戦が開催されました。 優勝戦に進出したのは、アントニオ猪木(41歳)とハルク・ホーガン(31歳)。前年の第1回IWGPの優勝戦と同じ組み合わせです。前年度、猪木は、ハルク・ホーガンのアック…

1972年新日本プロレス設立後、アントニオ猪木に勝った日本人は、何人いるのか?

1972年に新日本プロレス設立。1972年3月6日の大田区体育館での旗揚げ戦以後、アントニオ猪木にシングル戦で勝った日本人は、何人いるのか? ①大木金太郎 1975年4月4日 東京蔵前国技館 猪木32歳。第2回ワールド・リーグ戦の公式戦初戦。新日本設立後の大…

アントニオ猪木 対 ジャイアント馬場 結局、対戦成績は、何勝何敗か?

アントニオ猪木身長191㎝。体重105㎏。日本プロレス時代には、ジャイアント馬場とタッグを組んで「BI砲」を結成。1971年日本プロレスから追放され、1972年に新日本プロレスを創設。 炎のファイター(アントニオ猪木) ALI BOMBAYE ORIGINAL COVER NIYARI計画 …

アンドレ・ザ・ジャイアントをボディスラムした日本人は、何人いるか?

アンドレ・ザ・ジャイアントは、1980年代に世界を股にかけて大活躍したプロレスラーです。僕の持っている『プロレス大百科』(ケイブンシャ1981年発行)の紹介文によると、「身長223㎝、体重236㎏。34歳(46歳没)。フランス・カンダブリカ生まれ。足の大き…

We are macho!!

マッチョ・タイプのレスラーの系図です。 個人的には、なかなか気に入ったイラストです。特に規則正しく描けたお客さんが。これぐらいの雑さでまとまるのが理想です。 モデルになったレスラーの紹介。 SUPERSTAR 紫の帽子を被ったレスラーは、70年代WWFで活…