taketakechopの小話の世界

taketakechopが展開するイラスト・映画・文法にまつわる小話の世界です。

スポンサードリンク


100年前の今日は、何の日?

100年前の今日、1918年(大正7年)9月21日は、第18代寺内正毅内閣総理大臣(1852-1919)が、シベリア出兵直後に起きた米騒動で、辞表を提出した日でした。その8日後、9月29日には、初の政党内閣である「原敬内閣」が誕生し、10月には、第一次世界大戦が…

33年ぶりに見つかった漫画『忍者ハットリくん』の13巻

『忍者ハットリくん』の13巻 今月、実家がなくなるというので、必要なものを引き取りがてら、屋根裏を探索していると、いろいろ懐かしいものが見つかりました。その中のひとつが『忍者ハットリくん』の13巻です。ずっと探していたけど、こんなところにあった…

今日は、錯覚

有名な錯覚図を8点、再現してみました。 ちなみに「錯覚」とは・事実に対する知覚のうえでの誤り。・聴覚や視覚に現れることが多い。・思い違い。勘違い。・「錯覚」は、対象のある場合で、対象のない場合は、ふつう「幻覚」を用いる。 旺文社「国語辞典」…

息抜き問題⑤数の計算

問題01 大きなはかり台の上に「ロボット人形」と「小さなはかり台」を、図のように3台乗せました。大きなはかりの目盛は、何グラムを示すでしょう。ただし「小さなはかり台」は、全て同じ重さです。 答え 700g 問題02 3つの円の中の数の合計が等しくなる…

残暑が厳しいざんしょ

辞書で、言葉の意味を調べると、知らない言葉が次々と出てきます。それを、「辞書引きスパイラル」とでも言いましょうか。これを続けると、ほとほと嫌になってしまいますが、自主的なときは、そうでもありません。自主的とは、素晴らしい。 残暑 秋まで残る…

oh! my god!!!!

この絵は、ムンクの「叫び」の流用のつもりです。ムンクは、本名をエドヴァルド・ムンクといい、1900年代前半期に活躍したノルウェー出身の画家です。1863年生まれなので、日本で言うと、明治~昭和初期の人で、森鴎外(1862年生まれ)、岡倉天心(18624年生…

息抜き問題④ 同音異義語

高校入試でも出題される「同音異義語」の息抜き問題です。 ちなみに「同音異義語」とは、 同音 同じ音(=読み)で、 意義 異なる義(=意味)を持つ 語 語(=言葉)のことです。 問題1 次の①~④のカタカナを漢字に直しましょう。 多くのことに①カンシンを…

雪男(改題)

あと一歩には、本人が分かりやすい「あと一歩」と、本人が分かりにくい「あと一歩」があるのではないかと思います。例えば、1582年の「本能寺の変」や1993年の「ドーハの悲劇」は、本人が分かりやすい「あと一歩」ではなかったでしょうか。この絵の「あと一…

偉人たちがこんなことを言いました。

「あなたが描くような絵は僕にも描けるんです」 手塚治虫(漫画家) 昭和期に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』などを生んだ漫画家。 『AKIRA』の大友克洋に対して放った言葉だと云われています。 手塚治虫は、結構、言ってしまう人で、 昭和29年、手塚治虫…

中学3年 2学期中間テスト「俳句を味わう」

光村図書発行の『国語3』を対象にしています。 【ジャンル】俳句 【特 徴】俳句は、覚えれば、点数が稼げるところです。 【すべきこと】①「季語」「季節」の確認。 ②俳句の心情や情景を確認。 ➊赤い椿 白い椿と 落ちにけり 河東碧梧桐 あかいつばき しろい…